終活編 終活ってなに?何をすればいいの?

終活編 終活ってなに?何をすればいいの?

終活始めてますか?

「終活」という言葉が定着して10年近くが経ちました。

 

終活とは何なのか?何をするのか?少し整理してみましょう。

 

「終活って何をするの?」

終活とは「もしもの時に備えること」です。

 

人は少しずつ「老い」ていきます。「老い」によって病気になりやすくなったり、物忘れがひどくなったりしますよね。
そして人は必ず「死」を迎えます。

 

これらの「あまり考えたくない事」に少し目を向けて準備をしておくことが「終活」です。

 

例えば
「体が不自由になった時は○○の施設にお世話になろう」
「葬式は○○式場で質素に行ってもらおう」
「遺骨は○○墓地に埋葬してもらおう」」
などです。

 

「何のためにするの?」

終活をする目的はズバリ2つです。

 

1つは
「自分自身が安心した老後を送るためです。」

 

もしもの時や老後に不安を抱えたままでは安心した暮らしは出来ませんよね。
元気なうちに少し時間を割いて行動を起こすことが大事です。

 

そしてもう一つは
「家族のためです。」

 

終活に関することはデリケートな内容が多く、なかなか家族から切り出すことが出来ません。
本人から積極的に終活を行うことは家族のためでもあるのです。

 

「終活してないと何が困る?」

一番困るのは家族でしょう。

 

終活には様々な内容があります。

 

(介護施設について)
「家から近いから○○でいいよね?」

 

(葬儀について)
「家族葬でいいのかな?戒名料はいくらぐらいにする?」

 

(遺骨について)
「散骨してほしいって言ってたよね?本当にそれでいいの?」

 

など、終活をしていないと「もしもの時」に決めるのは「家族」です。準備をしていないと短時間で決めなければななりません。
「本当にこれでよかったのだろうか?」
「せっかくだから盛大に行おう」
と、心理的、金銭的負担が掛かるかもしれません。

 

また、せっかく終活をしたのなら家族にしっかりと伝えておくことも重要です。
後から出てきた「エンディングノート」を見て「こんな希望があったのか」ということも有ります。

 

あなた自身に「必要な終活」を行い、家族と話し合う機会を作りましょう。

無料相談をご利用ください

相続手続きや遺言書、認知症対策などでお困りの方は当店の無料相談をご利用ください。

 

相続においては、大きな金額の財産が動くことになるため慎重な対応が求められます。

 

そのため、専門家のサポートを受けることは非常に有意義なものになります。

 

大切な財産を大切な人に引き継ぐためにも、ぜひ無料相談を一度利用してみてください。

 

お客様の困りごとをお聞かせください

相続の困り事は人それぞれです。
そのためお客様が何で困っているのかをじっくりとお伺いいたします。

 

その上で「何をやらなければいけないのか」「何をやってはいけないのか」などをご説明させていただきます。

 

当事務所のサポートをご利用いただく場合でも、お見積もりやサポート内容をご確認していただき、ご納得いただいてからのサポートとなりますので安心してお問い合わせください。

相続の困りごとは相続専門店「花笑み」へ

相続手続きのお悩みを解決いたします

愛知県内全地域対応

秘密厳守、出張可能、土日祝日対応

お問い合わせはお電話で

0120−547−053

受付時間 9時〜21時

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

相続の花笑み みよし店

愛知県みよし市三好町小坂1-2(三好イオン すぐ側)

 

まずはお気軽にお電話ください。

出張相談 可(ご相談ください)

 


トップへ戻る