遺言書の効果を知りましょう

まずは遺言書の効果と注意事項をまとめてみます。

 

相続においては大きな効力がある

遺産分割において「遺言書」は大きな効力を発揮します。

 

被相続人の意思は出来る限り尊重されるべきで、それは相続人に受け継がれるべきです。しかし相続財産は相続人にとっても期待される財産でもあります。

 

遺言書を書く場合は、その内容が偏った内容である場合はその理由なども添えておくと相続人の理解が得られるかもしれません。

 

理想としては、相続人も納得しており「備忘録として書き残す」などの場合は遺言書としては完璧なのではないでしょうか。

 

相続手続きが簡素化される

遺言書は後の相続手続きにおいて効力を発揮します。

 

相続手続きにおいて最もトラブルとなりやすい「遺産分割協議」を省略することが出来ます。つまりトラブルの芽を1つ摘むことが出来ます。

 

相続人同士が疎遠である場合は遺産分割協議をすることも難しいでしょう。このような場合は遺言書が問題を解決してくれます。

 

注意が必要です

 

遺留分の侵害や相続人を廃除する意味合いの場合は対策としては一定の効果がありますが、真の相続対策とは言えません。遺言書が有るためにトラブルに発展するケースが多くあります。

 

遺言書が有るために相談にみえる方が少なくありません。

 

「あの遺言書は騙されて書かされたんじゃないか!」
「遺言書に納得できない!」

 

専門家に促されて書く場合などでも、しっかりと理解してから書くようにしましょう。

 

形式に厳格なルールがある

遺言書の書き方や形式には厳格なルールがあります。

 

遺言書の内容を確認することが出来ないため、遺言書が被相続人の意思を反映した者かどうかが重要になります。せっかく書いた遺言書が無効となってしまってはいけません。ルールを正しく理解する必要があります。

 

心配な方は専門家にアドバイスを求めましょう。

 

相続人への配慮が求められる

被相続人の意思が尊重されるといっても、遺留分を侵害するような内容だとトラブルに発展するかもしれません。

 

一定の配慮が必要となることもあります。

 

遺言書によって不利益を被る人が見えるかもしれません。このような人のケアも相続対策においては重要になります。

無料相談をご利用ください

相続手続きや遺言書、認知症対策などでお困りの方は当店の無料相談をご利用ください。

 

相続においては、大きな金額の財産が動くことになるため慎重な対応が求められます。

 

そのため、専門家のサポートを受けることは非常に有意義なものになります。

 

大切な財産を大切な人に引き継ぐためにも、ぜひ無料相談を一度利用してみてください。

 

お客様の困りごとをお聞かせください

相続の困り事は人それぞれです。
そのためお客様が何で困っているのかをじっくりとお伺いいたします。

 

その上で「何をやらなければいけないのか」「何をやってはいけないのか」などをご説明させていただきます。

 

当事務所のサポートをご利用いただく場合でも、お見積もりやサポート内容をご確認していただき、ご納得いただいてからのサポートとなりますので安心してお問い合わせください。

相続の困りごとは相続専門店「花笑み」へ

相続手続きのお悩みを解決いたします

愛知県内全地域対応

秘密厳守、出張可能、土日祝日対応

お問い合わせはお電話で

0120−547−053

受付時間 9時〜21時

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

相続の花笑み みよし店

愛知県みよし市三好町小坂1-2(三好イオン すぐ側)

 

まずはお気軽にお電話ください。

出張相談 可(ご相談ください)

 


トップへ戻る